2018年08月06日

赤と青

5月6日、調布市で行われた日本大学フェニックスと関西学院大学ファイターズのアメリカンフットボールの定期戦において、日本大学のディフェンスラインが、無防備なプレーヤーへの不必要なアタックを行い、社会問題となっていまだ理事長の責任が云々と報道されている。その際の日大のユニホームは赤、関学大のユニホームは青であった。いずれもスクールカラーに基づくようだ。

2016年 10月 岩手国体のボクシング試合で奈良県選手と岩手県選手が戦った。岩手県選手は、奈良県選手から2度のダウンを奪いながら、1-2で判定負けし、会場はしばらく騒然としたという。これがいわゆる奈良判定で、山根会長騒動の一つだが連日ニュースやワイドショー
を賑わせている。 こちらも岩手県選手のユニホームは青、奈良県選手のユニホームは赤。

赤色はワンマン、ドン、権力者が生まれやすいのかな。

今日の一句  タックルもダウンも赤がお騒がせ


Posted by 12クラス書記 at 17:33│Comments(0)
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。